nav

株主・投資家情報Investor

関係会社株式の減損処理及び貸付金の貸倒引当金計上による 特別損失(単体)の計上に関するお知らせ

当社は、平成29年3月期の単体決算において、当社が保有する関係会社株式の減損処理、及び貸付金の貸倒引当金の計上による特別損失を計上することとなりましたので、お知らせいたします。
 

1.関係会社株式の減損処理(単体)
当社の連結子会社であるSUPER SORGHUM ASIA HOLDINGS PTE.LTD.(以下「SSA」といいます。)の株式について、足元の業績は回復基調にあるものの、累積赤字の影響等により実質価額が著しく低下したため、「金融商品に関する会計基準」に基づき減損処理を行い、関係会社株式評価損1,253百万円を特別損失に計上することとなりました。なお、関係会社株式評価損は、連結決算上相殺消去されます。

2.貸倒引当金の計上(単体)
上記1記載の関係会社株式評価損の特別損失計上に伴いその財政状態及び経営成績を勘案した結果、当社がSSAに対して有する債権2,293百万円(主に貸付金)について、貸倒引当金として特別損失に計上することとなりました。

3.業績に与える影響
上記1及び2に記載の特別損失(単体)の計上が当社の連結業績に与える影響はありません。またSSAの経営成績が連結業績に及ぼす影響につきましては、本日発表の「平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」に反映しております。

以 上


PDFはこちら

グループ会社

PAGE TOP