nav

ニュースNews

スーパーソルガム メキシコビジネス ニュース ダイジェストvol.21 NEW!
アルフェールグループがスーパーソルガム栽培展示会を開催

当社 100%子会社であります SUPER SORGHUM ASIA HOLDINGS PTE.LTD.の子会社である SUPER SORGHU MEXICO S.A. DE C.V.(本社:メキシコ合衆国ハリスコ州グアダラハラ市、以下、「SSM」)のメキシコ合衆国(以下、「メキシコ」)国内で展開されているビジネス活動状況をハイライトでご紹介いたします。

 

2017年7月10日
アルフェールグループがスーパーソルガム栽培展示会を開催

SSMは、メキシコ国内の販売代理店であるアルフェールグループ(年商 約250億円、従業員1,200名、以下、「アルフェール社」)と共同で、メキシコ、シナロワ州ロスモチスにアルフェール社が保有する圃場において、スーパーソルガムの栽培展示会を実施いたしました。
 
アルフェール社は、同地域に5,000haの農地で大規模農業を展開している企業で、1. トルティーヤ等の食品加工用のコーン(年間出荷量20万トン)、2. 飼料用グレインソルガムの生産(年間出荷量4万トン)、3. エビの養殖・加工・輸出、4. ピーマンやトマトなどの野菜の栽培・販売・輸出、5. 農業機械の販売、6. 農業者向けファイナンス、7. 農作物の種子販売等を営んでいます。

今回の同栽培展示会には、シナロワ州から多数の牧畜農業関係者に参加していただき、スーパーソルガム圃場の見学終了後、SSMよりスーパーソルガムに関する栽培メリット、施肥の量、タイミング等の栽培方法について説明を行いました。同地域の牧畜農家は、飼料用のトウモロコシ栽培が主流な為、トウモロコシサイレージとの比較(収穫量の多さ、低コスト、トウモロコシサイレージとほとんど変わらないタンパク質が含まれているなどの栄養飼料評価)を説明した際に質疑応答が交わされるなど、有意義な展示会となりました。

今後SSMは、アルフェール社の種子販売のノウハウや販路を活用し、引き続き販売促進活動を行ってまいります。

 

アルフェール社 スーパーソルガム栽培展示会の様子(写真右奥が栽培圃場)

 

アルフェール社 スーパーソルガム栽培展示会の様子

 

アルフェール社 スーパーソルガム栽培展示会|圃場の様子

 

PDFはこちら

グループ会社

PAGE TOP